ファイナンシャルプランナーに不動産投資の相談を行うべき理由 | ファイナンシャルプランナーに相談しよう






ファイナンシャルプランナーに不動産投資の相談を行うべき理由

まず最初に、ファイナンシャルプランナーとはどんな存在かと言うと、ライフスタイルや価値観、経済状況を踏まえながら、家族構成や状況、収入と支出の内容、資産や負債、保険等、顧客に関するあらゆるデータを集めて、現状を分析します。その上で、顧客のライフプラン上の目的を達成するために必要な、資産管理等のアドバイスを送ってくれます。
不動産投資も、ファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるモノの一つです。不動産投資の基本として良くあるのが、土地を購入しアパートやマンションを建設し、家賃収入により儲けを出すというやり方です。ですがこの不動産投資だと、一年、二年で回収するのは不可能であり、長期的な視野が必要となります。お陰で予算の組み方というのが実の所、難しいのです。
というのも常に満室だという想定で、下手な予算の組み方をして、土地の購入費やアパート、マンションの建設費等にお金を掛け過ぎると、二十年、三十年後にも儲けが出て来ないという状況に陥る危険があります。そうなるとようやく儲けが出だしたと思ったら、建物が老朽化し、建て替えが必要になるという悪循環に陥る可能性があります。
ですがファイナンシャルプランナーに相談すれば、将来を見越したシミュレーションにより具体的な数字を出して貰えます。そしてそのシュミレーションを見れば、無理のある計画かどうかが判断が付き易いです。特に不動産投資の場合、初期投資でミスってしまい、失敗するというケースが非常に多いです。なので投資する前に必ず、ファイナンシャルプランナーに相談すべきです。