相談するファイナンシャルプランナーの選び方について | ファイナンシャルプランナーに相談しよう






相談するファイナンシャルプランナーの選び方について

家計の問題やライフプランについて、ファイナンシャルプランナーに相談する人が増えています。
ファイナンシャルプランナーは、相談を受けた家庭の収入や支出、家族構成、資産や借り入れなどの状況から、将来のためのライフプランを設計する職業となっています。
具体的には、子供が進学するタイミングでどれくらいの費用が予想されるか、どれくらいのスパンで家電や車などの買い替えが必要になるかなどを予測して、その時期までにいくら用意しておく必要があるといったアドバイスをします。
そのため、基本的には現在の収入と支出の見直しが必要になり、専業主婦の妻にパートを勧めるなどのアドバイスもありますし、家計の内訳の再編成なども指摘されることがあります。
基本的には、貯蓄を増やすためには固定費である水道光熱費や保険料、賃貸住宅の家賃などの見直しを優先されることになり、場合によっては具体的な変更方法についてもアドバイスをもらうことができます。
このような相談をする時のファイナンシャルプランナーの選び方としては、見直しをする際に、公平なアドバイスをもらえるところを選びましょう。
例えば、固有の保険会社のファイナンシャルプランナーに見直しを依頼すると、その会社の商品内でのみの見直しになります。
しかし、実際には他社で入りなおしたほうが支出が減らせる場合などもありますので、選択肢を広く持っているファイナンシャルプランナーに依頼をした方が、結果的には支出を減らすことができます。