保険の相談をするときのファイナンシャルプランナーの見分け方 | ファイナンシャルプランナーに相談しよう






保険の相談をするときのファイナンシャルプランナーの見分け方

保険はとても複雑で一般の人では簡単に理解することができません。 ですから、最近はファイナンシャルプランナーに相談する人が多くなっています。ですが、難しいのは見分け方です。信頼できるファイナンシャルプランナーに相談しなければなんの意味もなくなってしまいます。

現在、日本におけるファイナンシャルプランナーの資格を有しているのは金融関係の仕事についている人たちが最も多い状況になっています。 ですから、特定の金融機関に所属している人とどこにも所属していないフリーの人がいます。 どちらが相談者に中立な答えを出してくれるかといいますと、誰が考えてもフリーの人です。どこにも所属していないのですからどこの組織にも縛られることなく答えを出してくれます。

本来、ファイナンシャルプランナーとは家計全体の状況を見ながら分析し、家計に相応しいお金の使い方をアドバイスすることが仕事です。 ですから、保険に関しても家計全体から見た場合の支出方法を考えてくれます。

この点が金融機関に所属している普通のファイナンシャルプランナーとは違うところです。 金融機関に所属していますと成績が関係してきますので、どうしても自分のところの保険を販売することを考えてしまいがちです。

このように、ファイナンシャルプランナーの見分け方の第一はフリーであることですが、そして次に重要なことは説明がシンプルであることです。 保険は複雑であるがゆえに、難しい言葉が出てきます。そうしたときにできるだけわかりやすい言葉で説明できるかどうかを注意深く観察することが大切です。